走ること。

抑えること。諦めること。②

イシカリのがまぐち屋

いとはりおしごとです。

 

 

日曜のフルマラソンから4日。

走らない日がこんなに長いのは久々です。

ようやく倦怠感も抜けてきました。

 

 

走りたい気持ちと

疲れが取れた身体とが

そろそろ噛み合ってきたようです。

 

 

さて、先日のマラソンの最中に

突然訪れた眠気について

ネットで検索してみたところ、

酸欠、低血糖、脳貧血などが考えられるそう。

 

 

 

そして空腹。

 

ただでさえ人より大食いで、

しかも消化が早いタチなもので、

スタート前に食べたおにぎり1個じゃ

足りなかったみたいです。

燃費が悪い自分が恨めしい。

加工③

 

 

万が一のために携帯していたゼリーを

ちびりちびりと走りながら食べ、

途中のエイドでバナナも食べ、

何とか凌ぐことが出来ました。

 

 

 

そういえばこのエイドのバナナ、

去年は泣きながら食べたなあ。

 

 

日々の練習で10㎞走には慣れていたので

今回はコースを4分割として考え、

スタートから10㎞はウォームアップ、

20㎞過ぎまで続くジンワリした坂道を

ひたすらじっくり進み

30㎞までは少しだけペースアップ。

42㎞まではとにかく足を止めず

ハイペースを維持する。

そんな風に考えながら走ってました。

 34340322_1631666336943866_1532875172267163648_n

 

 

 

それでも林間コースの山道はアップダウンが激しく、

30㎞を過ぎて疲れが見え始めたころ

結構な坂道が現れました。

 

 

周りを見ると、半分くらいの人が歩いてます。

「ここで歩いたら、もう走りだせないかもしれない」

そんな不安が疲れた脳みそに蔓延しました。

 

 

 

だからと言ってムキになって走ると

疲労がたまった脚のどこかを

傷めてしまうかもという心配もありました。

 加工②

 

 

そこで、なるべく身体を上下させず

太ももと腕を使って大股で早く歩くイメージで

坂道を登り切りました。

 

 

こんな走り方、今までしたこともありません。

急遽思いついた走り方です。

心配なのは、

たぶんとてもカッコ悪いフォームだろうな、ということ。

 

 

来月札幌ドームで開催の

リレーマラソンのコースにある

恐ろしく急な坂道で試してみようと思います。恥ずかしいけど。

 

 

 

残り数㎞になると、

林間コースからアスファルト舗装の道へと出てきました。

 

 

ワタシは普段からアスファルトの道ばかり走ってますが、

長いこと土の上を走ってからだと、

このアスファルトの硬い地面が

こんなに足腰に響くとは思いませんでした。

 

 

このあたりからは

沿道で観戦されている方も多くなり、

「あー、人里へ戻ってきたなー」

そんな気分になります。

 

 

時計を見たら、残り6㎞で4時間をちょっと切るくらいです。

残り6㎞を30分で走れるか?

疲労困憊の脳みそでパチパチと計算しました。

 

 

1㎞を5分以内で走れば4時間半でゴールできそう。

でもその時、ワタシは脚のあちこち僅かな痛みを感じてました。

これ以上ペースを上げて脚に負荷を掛けたら

きっとゴールした後に本格的に痛みそう。

いま故障したら、夏にエントリーした大会が

走れなくなる。

 

 

その瞬間、目標だったサブ4.5をきっぱり諦めました。

今年は元気に、怪我無く、笑顔でゴールする。

それが優先すべき目標でしたので。

 

 

 

ペースを確認しながら、足を進めます。

ゴールまで残り数㎞までくると

ピンクの幟が見えました。

 

 

それまで息も乱れて、

やっとの思いで走っていましたが、

応援に駆けつけてくれた皆さんの顔を見たら、

途端に心も身体も一気に元気になりました。

 

 

 

これ、本当なんです。

応援してくれる人が待っててくれると思うと

少しでも早く、笑顔でハイタッチしたいと

強く願うものなんです。

 

 

 

ヘロヘロなはずなのに、

皆さんのところに辿り着けたことが

嬉しくて嬉しくて

本当は泣きそうでした。

 

 

 

その後、たくさんのギャラリーが並ぶ

フィニッシュのゲートまで

猛ダッシュで駆け抜けます。

結果は4時間40分55秒。

去年より1時間ほど早くゴール出来ました。

34199879_1630440347066465_8252162128866181120_n

 

 

 

嬉しかったなー。本当嬉しかったです。

あ、ワタシ桑田といいます。

 

 

時折雨が降るという不安定な天候でしたが、

最後まで楽しく走ることができました。

 

 

フルマラソン完走、3回目。

さて、これから目指すものは何だろう、自分。

 

 

サブ4目指して記録を伸ばす?

ウルトラマラソン目指して距離を延ばす?

デュアスロン、トライアスロンを目指して種目を増やす?

 

 

そんなことをぼんやり考えてたりする40代なんて

昔は想像もしてませんでした。

 

 

目標を決めて、そこを目指してこつこつ努力すること。

目標到達へ向けて、「早く走りたい」気持ちを抑えて

実現可能かどうかを冷静に判断し、

もし無理なら、その時の最善の方策をチョイスすること。

 

 

頭使うなー、マラソン。

それでもやめられないのは

何故かしら?

変態なのかな??

 

 

 

2018初夏

イトハリさんランニングセットリスト

⦿僕と花(サカナクション)

⦿come again (m-flo)

⦿さあ鐘を鳴らせ(DREAMS COME TRUE)

⦿打上花火(DAOKO×米津玄師)

⦿Shake It Off(Taylor Swift)

⦿Happy(Pharrell Williams)

⦿Lemon(米津玄師)

⦿PLAYBACK(JUJU)

⦿スパークル(RADWIMPS)

⦿なんでもないや(RADWIMPS)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抑えること。諦めること。①

イシカリのがまぐち屋

いとはりおしごとです。

 

 

運動会シーズンもクライマックス。

ワタシも大人の運動会へ行ってきました。

毎年恒例、千歳JAL国際マラソンへ。

34274661_1630009327109567_7288746925094862848_n

毎年同じアングルで撮ること5回目となりました。

 

 

少しずつ、本当に僅かですが

毎年進歩していると自負。

実際にはどうかしら。

 

 

去年は開催前に捻挫してしまい、

完走するのがやっとでした。

 

 

それでもフルマラソン初完走だったので、

自分としては大満足。

 

 

しかしながら

捻ってから40㎞走った足首の傷みが取れるまで

1か月以上かかりました。

 

 

それまでも

膝や股関節、込み入った話をすれば恥骨まで

あらゆるところの傷みを経験した5年間。

 

 

今シーズンのテーマは

「ガマン」でした。

 

 

昨日のランニングはもちろん、

練習でも絶対に無理はしないこと。

6分/㎞を切るタイムで絶対に走らないこと。

とにかくゆっくりランニング、

いわゆるジョギング練習を重ねてきました。

 

 

 

ゆっくり走るので

距離は伸ばすことができました。

 

 

 

国道5号線を走って向かった小樽駅。

32074875_1598761953567638_8467501610015129600_n

 

 

 

ロードバイクの皆さんのやさしさに触れた

337号線経由、当別道の駅。

31880833_1595144650596035_2131969861054627840_n

 

 

 

向かい風も頑張ったモエレ沼公園。

画像無し。無念。

 

 

 

そんな練習の成果が

存分に発揮できたと思っております。

 

 

30㎞までは何があってもスローペースで。

そのおかげで

何十人に抜かされたかってくらい

どんどん追い抜かれました。

 

 

その途中、自分の身体に起こったことが2点。

①突然眠くなった

②お腹が空いてグーグーなった

 

 

???

続きは改めて後日お知らせします。

 

委託販売開始のお知らせ。

イシカリのがまぐち屋のがまぐちは

ぜひイシカリに来てご覧くださいね。

イシカリのがまぐち屋

いとはりおしごとです。

 

 

石狩観光センターさんと

ハマナスの丘公園ビジターセンターさんで

イトハリさんのがまぐちを

お取り扱いしていただけることになりまして、

4月末から販売を開始しております。

 

 

画像

 

 

ハマナスモチーフのオリジナル生地の作品をメインに

今後は

「ハマナス」「海」

「海岸林」をイメージしたカラーの

帆布がまぐち雑貨を展開する予定です。

 

 

来月6月には毎年楽しみにしている

はまなすフェスティバルも開催されます。

 

 

今年は布雑貨だけでなく

がまぐち作品も展示販売する予定です。

 

 

IMG_20180531_0001 (905x1280)

IMG_20180531_0002 (905x1280)

ハマナスにまつわる情報が盛りだくさんのイベントです。

ぜひ遊びにいらしてくださいね。

6月16日(土)10:00~15:00

石狩浜海浜植物保護センター

石狩市弁天町48-1

 

 

 

 

 

次の日曜は

千歳JAL国際マラソンへ出向きます。

18921865_1221752674601903_7753972316612695987_n

 

 

去年に引き続き、今年もフルマラソンへエントリー。

生涯初のフルマラソン完走を去年体験し、

その反省を踏まえて

今年は(笑)トレーニングを積みました。

 

 

去年の詳細はこちら↓↓をご覧ください。

「フルマラソンに挑戦しました」

 

 

 

 

実は去年の完走後に後日談がございまして。

完走後、捻挫した足を引きずりながら帰宅し、

夕食を終えてそろそろ休もうかという頃、

2wayショルダーバッグのご注文が入りました。

なんと、その日に走ったコースの近隣の方でした。

 

 

 

「これはもしかしたら・・・」と思い切って

数時間前に千歳で走っていたことをお伝えすると

 

 

「そのレースにボランティアスタッフで

お手伝いしてました」

とのことでした。

 

 

それはもう、ビシビシとご縁を感じまくり。

フルマラソン初完走したレースの

スタッフの方からのご注文が

その日の夜にいただけるなんて、

こんなことってあるんだなあと勝手に感激、

ご注文品の発送の際には

「レース中に励ましてくれて

本当にありがとうございました」

とお手紙も書いちゃいました。

実際にお逢いしたかどうかも

お互いわからないのに(笑)

 

 

 

ひとりで走ってるつもりのマラソンですが

本当にいろいろな方に助けられてます。

今年はどんなご縁があるでしょう。

楽しみです(*´▽`*)

 

 

 

 

 

いとはりおしごとのがまぐちは

minne

および

Creema

各ギャラリーにて

絶賛販売中です。

お時間がございましたら

ぜひギャラリーページへ遊びにいらしてください。

早朝ラン始めます。(予定w)

イシカリのがまぐち屋で
ときどきランナーの
いとはりおしごとです。
今日はランニングのお話。

 

冬道をコンスタントに走った年は、
どこも故障することなく楽しく走れます。
ゆっくり走るせいなのか、持久力が付く気がします。

 

 
ただしかし、残念ながら
年あたりから練習量が減っております。

 

正直、今年は月間100㎞走れてた月がありません。
なのになぜ道マラ完走出来たか?
自分史上の不思議ベスト3に入ります。

なので、ワタシ考えました。
「早朝ランに切り替えましょう」と。

 

 

「今日は走らなくちゃ」

「明日こそ」と思いつつ

「今日もダメだった」
「明日も予定がびっしりだ」
と自分を責めるのが嫌になったし、
何より今年よりも早く走りたい。

少しでもタイムを縮めたい。

そんな思いから、

明日から早朝ランがんばります。

その並々ならぬ決意を

鼻息荒げて主人に伝えると、

 

「現実、朝5時に起きてる君が
10㎞走るために1時間早く起き、
走る前のストレッチのために30分早く起き、
帰宅後にシャワーで汗を流してから朝ご飯の支度となると
3時に起きないとだめだね」

 

 

オーマイガー。

とりあえず、一回試してみよう。

 

 

24301129_1411205175656651_2640569104418131804_n
画像は昨日入手したウインドブレイカー。

シャカシャカです。

今までのかっこええやつ、ムスメに取られました。

 

 

朝早くにイシカリ界隈で

派手なオバサンが走ってたら、
それはワタクシです。
こっそりエールを送ってやってください。

月明りのランニングへ。

イシカリのがまぐち屋
いとはりおしごとです。

 

 

今日は週末開催のがまぐち講座の制作キットを
もくもくせいさく。
また皆さんと楽しい時間を過ごせますように。

 

今日は久々に夜のランニングへ。
月明かりが眩しいと思ったら、
どうやら満月みたいですね。

 

 

無題

イトハリさんになる前は

昼間はお勤め人だったので、

ランニングはもっぱら夜でした。

 

 

でもマラソンの大会って

大抵、朝9時か10時にスタートするんです。

 

 

 

夜道を走っていたワタシは

強い日差しに勝てないことが

多々ありました。

 

 

なので、ここ最近は
なるべく炎天下を走るようにしてました。

 

 

久々に走った夜道は
暗くて足元が見えず

とても不安・・・。

 

 

うん。
満月もいいけど

やはり太陽の下で汗をかこう。

 

 

こんなんだから、
日焼けが止まらないのね。

 

 

 

いとはりおしごとのがまぐちバッグは

および

Creema

各ギャラリーにて

絶賛販売中です。

がまぐち講座は

こちらから

2017年イベント出展情報は

こちらから

 
 

北海道マラソン走ってました。

まるで夏休みが終わった小学生くらい

浅黒く焼けてます。

イシカリのがまぐち屋

いとはりおしごとです。

 

 

 さて、今日は

いつもと趣きが違う内容のブログを

綴ろうかと思います。

糸も針も出てきませんのであしからずw

 

 

先日の日曜日、

国内唯一の真夏のレース

北海道マラソンにて

無事42㎞を完走することができました。

 

 

ゴール直後から脳内リピートしている

「若者のすべて」(フジファブリック)

もしよろしければ

ブログと合わせてお聴きくださいませ。
※決して若くはないワタシの一押しです。

 

 

走り始めたのは2013年の春。

初めてのレースは、

同じく北海道マラソンのファンラン11㎞。

その年に新設されたレースで、

初開催に見事当選しました。

 

 

ところが素人感覚で走り始めたため、

フィジカルとメンタルが全くかみ合わず

下半身のあちこちを傷めたまま練習を重ねたせいで

11㎞を完走出来たものの、

それから半年もの間、走ることはおろか

歩くものやっとという生活を送る結果となりました。

 

 

それからは無理な練習を控え

楽しんで走る練習を積みました。

 

 

フルマラソン初挑戦は一昨年の北海道マラソン。

35㎞関門手前でタイムアップとなり、

先を目指すことができませんでした。

 

 

その日の夜のことは今でも忘れません。

クタクタに疲れているはずなのに、

夜、何度も目が覚めるのです。

制限時間を迎える手前の新川通を

「歩こうか、このまま走ろうか」

と迷いながらフラフラしている自分がいるのです。

 

 

あそこでもっと頑張っていたらゴールできたかも。

なぜ途中で歩いたんだろう。

なぜもっと練習しなかったんだろう。

 

 

ただただ、悔しさと惨めさだけが残るレースでした。

 

 

もう、ハーフで完走出来たらいいや。

それからはハーフマラソンや10㎞前後の大会にエントリーして

楽しんでいました。

 

 

今年の6月、

初めてフルマラソンを完走。

※その時の詳細はこちら

「フルマラソンに挑戦しました。」

 

 

大会前の練習で右足を捻挫してしまい、

タイムも身体もボロボロでしたが、

その完走後、久しぶりに欲が出たのか

「北海道マラソン、完走したいなあ」

と思いました。

 

 

怪我をしない程度で

自分ができる範囲でのランニングを

少しずつこなしました。

 

 

そして迎えた今年の北海道マラソン。

前回はたった一人でスタートブロックに入り、

一人で走って

一人でリタイヤしましたが、

今年は違います。

 

 

ワタシが通った高校の同窓の皆さんと一緒に

ゴールを目指します。

 

 

しかも、

沿道で応援してくれる同窓の方々も

たくさん来てくれました。

 

 

同じスタートブロックの先輩に教えていただき、

スロースタートでペースをキープ。

21230922_1306940212749815_1596154397826333108_n

今まで走っていたペースよりもゆっくりだったので、

走りながらお喋りもできるくらいでした。

 

 

気が付いたら21㎞を過ぎ、

一緒に走っていた先輩の姿を見失ってました。

 

 

「どうしよう・・・」

それまで教えていただいたペース配分を思い出しながら

スピードを落とさないよう気を付けて走り続けました。

ランニングウォッチでペースを確認しながら走ります。

 

 

本当のところ、

この時は完走を目指さず

何㎞まで行けるかを模索してました。

 

 

長い長い新川通。

折り返しを通過したランナーが

向こうの道路を走り過ぎます。

 

 

そこに同窓の先輩達が

新川通を折り返して復路を走りながら

往路のワタシに声をかけてくれました。

 

 

ああ、見つけてくれて、

声まで掛けてくれるなんて。

ああ、ランニングって一人で走るものだけど、

やっぱりうれしいなあ。

涙が出そうになります。

 

 

折り返して25㎞からがワタシの難関。

疲れが出ます。

ペースも落ちてきました。

 

 

また諦める?

また何度も目が覚める夜を過ごす?

 

 

一昨年の悔しさが蘇ります。

往路で応援してくれた皆さんは

復路でも待ってくれてます。

 

 

「絶対辿り着きたい」

 

 

そう思った時、

聴いていた音楽のテンポが変わりました。

3時間を過ぎたら掛かるよう計画した

「ブルーハーツ」メドレーです。

 

 

脚が勝手に動きます。

ペースが上がります。

スゴイ、30㎞を過ぎても

走れるとこがすごい。

 

 

なぜ走れるか?

先輩と共に走った最初の20㎞のおかげです。

 

 

ゆっくり走ったので

まだがんばる力が残っていたのです。

 

 

ここからは初めて走るコース

北大構内です。

風が気持ちよく吹いてました。

 

 

もっと笑顔で走りたいなあ

今はヘロヘロで

ひどい顔で走ってるんだろうなあ

そんなことを考えてました。

 

 

トレイントレイン

人にやさしく

リンダリンダのおかげで

40㎞関門も突破。

 

 

さすがにくたびれてきたぞ。

でも、ここで歩くのはくやしい。

最後まで走ります。

 

 

最後の1㎞は

決して若くはないワタシに

いろいろな感動を与えてくれました。

 

 

ボランティアの皆さんや

沿道のギャラリーの皆さんが

自分の友人を応援するかのように

大きな声で応援してくれること。

 

 

そして、

同窓の先輩達がゴール手前で待っていてくれたこと。

 

 

 

あー、やっと終わる。

今年は大通公園に戻って来れた。

 

 

千歳JALの再来です。

また涙が出てきました。

その時、腕時計を見たら

走った総時間が

4時間57分だったのです。

 

 

もしかして、5時間切れるかも。

そう思うと泣いてる場合ではありませんでした。

 

 

鬼の形相でゴールを抜けて時計を見たら、

「4時間59分30秒」(笑)

 

 

しょっぱいタイムですが、

道マラ初完走のワタシにしては上出来です。

 

 

こうしてワタシの夏は幕を閉じました。

 

 

 

 

苦しさももちろんありましたが、

完走さえできればみんなチャラです。

脚の疲労も抜けてきた今日なら

本当に楽しい42㎞だったなと

大きな声で言えます。

 

 

おかしな臭いが立ち込める中走ったススキノも

ランナーの熱気で空気がやばかった創成トンネルも

トンネルを抜けた後の涼しい秋風も

「ここに戻ってこれるかなあ」と眺めた北大の農場も

紙コップとスポンジで転びそうになった新川通も

一昨年、収容バスに乗り込んだ新琴似1番通りも

初めて走った北大のキャンパスも

涙でちょっとかすんだ赤れんが道庁も

全部、楽しかったぞ。

21149993_1306940152749821_2094298288318937480_n

21230810_1306940172749819_7305266892895843805_n

21151417_1306940139416489_2233272899061126206_n

21230817_1306940146083155_4866005704691129356_n

また練習して

わざわざ苦しみに行くんだろうなあ(笑)

 

 

Facebookでたくさんの応援コメントをいただき、

本当に勇気をいただきました。

改めてありがとうございました。

 

 

それから、札幌北陵高校OB

「屯田ブリザーズ」ランナー、応援隊の皆さま、

たくさんの元気と勇気をいただきました。

本当に本当にありがとうございました。

 

 

これからも

がまぐちにランニングに

好きなことを一生懸命頑張ります。

 

 

長文に最後までお付き合いいただき、

ありがとうございました。